インフォメーション&トピックス 記事

2月19日  2年生「いのちのおはなし」

2年生は生活科の「大きくなったぼく・わたし」の学習で劇団1276座による「いのちのおはなし」の講演を観劇しました。赤ちゃんが生まれてくるまでの成長の様子や出産の様子、そしてお母さんの気持ちなど人形劇やクイズ、お話などで教えていただきました。劇団の方は全員、助産師の経験をお持ちの方で、とてもあたたかい気持ちになるお話でした。家に帰って、さっそく自分のへその緒を見せてもらった子どももいました。お母さんに「産んでくれてありがとうと言いたい。」と感想を書いている子どももいました。命の大切さを学んだ子どもたち。貴重な経験となりました。

 
20140304図1.jpg
 
1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月、9ヶ月の胎児のお人形をだっこさせてもらいました。1・2ヶ月の小ささにびっくり!1ヶ月は米粒、2ヶ月はお豆、3ヶ月はみかんくらいの大きさだと教えてもらいました。その日の給食に全て出ていて、子どもたちは「こんなに小さかったなんて・・」と言いながら食べていました。
 
20140304図2.jpg
 
生まれてこようとする赤ちゃんをみんなで応援しました。
これから、生まれてから2年生までの成長をしっかり振り返り、記録をつくっていきます。
 


PAGETOP

幼稚園 小学校 中学校 高等学校