インフォメーション&トピックス 記事

平成23年度 なかよし湖畔学校   7月1日(金)〜2日(土)

小学校に入って、初めての宿泊行事である「なかよし湖畔学校」に、7月1日から2日に行きました。本年は、びわ湖バレイで初夏の山の自然を体験する予定でしたが、あいにくの雨のため1日目は琵琶湖博物館を見学しました。たくさんの魚の展示や体験学習を楽しんだ後、いよいよ宿舎である、びわ湖青少年の家に行きました。小学校の校旗を揚げた後、子どもたちが一番楽しみにしていたザリガニ釣りに挑戦しました。今年は、地元の漁師さんに協力していただき、例年にない大漁で、あちらこちらから歓喜の声が上がっていました。

琵琶湖畔の風景


大きな恐竜の化石を見てびっくり。

初めて知ることがたくさんありました。


化石にさわってみました。

水辺の様子がよくわかりました。


水辺の生き物に触れる体験コーナー。

とても楽しい時間を過ごせました。


みんなでお弁当を食べました。

開所式で元気よくあいさつをしました。


校長先生にザリガニの釣り方を教えていただきました。

大きなザリガニが釣れました。


たくさんのザリガニを釣りました。

おいしいばんご飯を食べました。


ホタルの観察に行きました。

平家ボタルを見ました。


2日目の朝、元気よく体操をしました。

琵琶湖畔で楽しく水遊びをしました。


ザリガニ釣りやホタルの観察などの自然に触れる体験とともに、なかよし湖畔学校で柱にしているのが、班活動です。6つの班に分かれて、食事の準備や部屋の整頓、そして一緒に寝泊りをすることで、積極的な行動や自立心を培い、友だちとの結びつきを深めることを目的としました。子どもたちは、共同生活を通して、さびしさも楽しさもみんなで分かち合い、友だちとしてのつながりを強め、素晴らしい思い出が作れたようでした。体験学校を終えて、一段と成長した子どもたちに、これからも期待をしています。



PAGETOP

幼稚園 小学校 中学校 高等学校