×閉じる

箕面自由学園 建学の精神

豊かな自然環境を基盤に、体験と実践をとおして、
伸び伸びと個性を発揮できる、教養高い社会人を育成する。

教育方針

「なりたい自分を見つける」
  子どもたちが夢を持ち夢をかなえる意欲を育てる教育。

理事長

平井理事長

本学園は、「マナー、学力、課外活動のバランスがとれた、極めて上質の普通の学校」をめざしています。また「マナーをわきまえた上で、自由に伸び伸びと個性を発揮する」そんな生徒になって欲しいと願っています。そして、このことを基盤に「楽しい学校」をめざします。「楽しんで学び、楽しんで課外活動に励み、楽しんでマナーの向上を心がける」そんな生徒に育ってくれることを心から願っています。理事長 平井 宏

校長

森校長

 箕面自由学園小学校は変わります。  学園は一人一人を慈しむ愛であふれています。児童の豊かな心と自然や万物に畏敬の念をもって接することができる強い感性を育みます。
 高い学力と深い思考力を育み国際社会人として活躍するための未来につながる基礎的分野はもちろん発展的学力を育成します。
 子供たちのあらゆる可能性を確実に伸ばしていけるよう、理数教育の充実を図ります。さらに英語教育では、小学生の間に実用英語検定準2級を取得することを目標に、毎日、英語で話す時間を設定します。
 箕面自由学園は、人間力にあふれ、自立して未来を切り拓く力をもった21世紀をたくましく生きる子供を育成します。
校長 森 創