理科の学び

6年生の理科授業の様子を紹介します!

理科6年①.jpg

今日の授業では、理科担当教員から実験器具の扱い方や、注意事項が話されていました。

教科書には書かれていない実験器具の扱い方も体験を通して学んでいきます。

理科6年②.jpg

教員からは「実際に体験をして感じることで、一生ものの経験となるから、今 しっかりと考えてやってみなさい!」と児童たちに声掛けをしていました。

理科6年③.jpg

児童たちの考えを引き出しながら最適解へと導く声掛けは、アクティブラーニングです。子どもたちが積極的に学ぶ姿勢へとつながっていました。

理科6年⑥.jpg

その後、グループに分かれての活動です。教員が持ってきた『謎の液体』を色やにおいから感じ取ったり、食塩を混ぜる事での液体反応を観察したり...水溶液の性質をみんなで考え、記録していきました。

理科6年⑩.jpg

謎の液体は『炭酸水』!

理科6年⑨.jpg

その炭酸水から出た泡は何なのか?どうやったら確かめることができるのか?その実験方法をグループで話し合いました。

理科6年⑪.jpg

なぜ?不思議?からはじまる理科教育。児童たちが意欲的に取り組むことで、アクティブラーニングからディープラーニングへ。この繰り返しで、理科的思考力が自然と身についていくのだと、今日の授業から感じることができました。