教員研修

今年度がスタートし、放課後には情報授業やICT機器の活用、教科での研修を頻繁に行っています。

今日は、今年度から導入した『すらら(学習支援アプリ)』の研修を行いました。

『すらら』は、児童一人ひとりの進度に合ったプログラムが組まれているアプリです。

IMG_0096.JPG

児童たち一人ひとりの取り組んでいる過程も、教員で管理することができ、また分析することができるようにプログラム化されているため、その子に合った課題の提示や、声掛けが可能になってきます。

時代の流れとともに、進化し続ける教育...児童たちにとって、より深く学べる環境を整えるため、教職員も毎日勉強しています。

箕面自由学園の今年度のテーマ『進化がとまらない学校』