5年生の俳句が毎日小学生新聞に掲載されました!

DSC02903.JPG2学期、国語の授業で俳句作りに取り組んだ5年生。5・7・5の最小の言葉数で、自分の感じたこと、思ったこと、考えたことを表現する俳句づくりは、言葉を選ぶ、言葉の効果を考えるなど、思考力の育成に向けて、とても有益な学習となりました。ひとまず自分で俳句をお互いに評価し合い、より表現を工夫し直しながら創り上げていきました。今回はみんなの作品を毎日小学生新聞の「俳句王(はいきんぐ)・自由題」に応募したところ、なんと1句しか選ばれない優秀賞と、3句選ばれる佳作にそれぞれ一人ずつ選ばれました。どちらの俳句も子どもらしい素朴な良い作品です。言葉の選び方、リズム、情景が浮かんでくる描写などが評価されたのだと思います。こうして学習の成果が評価されたことは子どもたちにとって、大きな自信になるので、とても嬉しく思いました。