論理的文章を書くことへのはじまり

DSC02743.JPG今日1年生の授業を観に行くと、たまたま国語の説明文「いろいろなふね」の学習をしていました。この説明文は、論理的な文章の基本形である、「はじめ-なか-おわり」の形を取っていて、「なか」の部分に「客船-フェリーボート-漁船-消防艇」の具体例が挙げられています。この事例の列挙を読み、順序をとらえ、比較し、そして共通点・相違点を見いだし、筋道をたどっていくことが、論理的思考をもとに文章を書くことへのはじまりになっていきます。1年生の子どもたちは、今日はフェリーボートの部分をつくり、役目、できることに情報を分けて、読み取った内容を説明していました。この説明文で学んだ文章の形をもとに、自分達も文章を書くことに挑戦するようなので、読ませてもらうことを楽しみにしています。