人物紹介スピーチ交流会

DSC02308.JPGDSC02295.JPG6年生が思考表現の時間に取り組んできた、人物紹介文作成と紹介スピーチの交流会を行いました。これまでこのブログに掲載してきた人物紹介文を要約したサマリーを自分が選んだ偉人の伝記紹介スピーチとして、お互いに交流しました。その際のめあては、スピーカーが、偉人についておすすめしている内容をしっかり聞き取り、伝え手であるスピーカーの意図を理解することです。スピーチ原稿をつくる上では、杉原千畝を紹介する子が「自分のことより人のために行動する、ということを短い熟語で伝えるためにどんな言葉があるかな?」というようにできるだけ短く、印象深い言葉を選ぶことを目指しました。こうした一連の活動の最終的なねらいは、中学校での授業にむけて、子どもたちにホンモノの伝える力と聴く力を鍛えるということです。今回は、お互いにスピーチを聴き合い、聴き取ることができた内容をシートに書いて、その後スピーカーに見てもらって、聴き手がしっかり聴き取ることができているか、話し手がしっかり伝えることができているかを確認して、次回の機会への意欲を高めて欲しいと願っています。