5年生研究授業「注文の多い料理店」

DSC01469.JPGDSC01471.JPGDSC01470.JPG今週から先生方の集中授業研究がはじまっています。今日は、5年B組の授業を観ました。国語科「注文の多い料理店」の学習で「お話のおもしろさのポイント」を見つけて、意見交流するという授業でした。はじめ「お話のおもしろさ」はどんなところですか?と問われたら、「バタバタと・・・」などの表現や言葉の使い方のおもしろさに目が行きがちであった子どもたちでしたが、それぞれが考えたおもしろさをノートにまとめたものを交換して読み合い、交流していく中、「くり返しのあるおもしろさ」、「バチが当たるおもしろさ」「かんちがいがあるおもしろさ」など、お話の構造や仕掛けに関するおもしろさを見つけることができました。そして、その具体的な内容をまとめて説明しあいながら、読解を深めていきました。物語を読んで、そのおもしろさを読み取ることが読解力の育成につながります。また、次に物語を読もうとする意欲にもつながっていきます。この学習を通して、物語の読み方のコツをつかめるようになってくれることを期待しています。