4・5年生臨海学校リアルタイム通信1日目

DSCN0330.JPGDSCN0342.JPGDSCN0346.JPGDSCN0379.JPGDSCN0366.JPG今日から、4.5年生は、京都の北部にある夕日ヶ浦のビーチで2泊3日の臨海学校にやってきています。天気が心配されましたが、暑すぎず良い天気に恵まれ、多くの皆さんに送られて学園を出発しました。約3時間のバス移動もあっという間で、夕日ヶ浦のきれいな海がみんなを迎えてくれました。まずは入所式で、今日からお世話になる一望館の方に挨拶をして、昼食をいただき、休憩の後いよいよ1日目の水泳訓練が始まりました。波がきつくて最初は驚きながらでしたが、今日はめあてが「海に慣れよう」だったので、どのグループも波を楽しみながら、だんだんと泳ぎに入っていきました。休憩での浜の砂遊びも満喫し、訓練の最後の方には、遠泳のコースロープに沿って泳げている子もいました。5年生はさすが二回目ということもあって、軽はずみな行動は命関わる臨海学校の意味をわかって行動できていました。波の影響で思った以上に疲れていると思うので、今日は、無理をせず早く寝て、明日以降の遠泳にむけて体を休めてもらいます。今のところ大きな問題もなくみんな元気に過ごしています。