集中授業研究開始!

DSC00619.JPGDSC00622.JPGDSC00624.JPG今日から、毎年行っている先生方の研修のメインイベントである集中授業研究が始まりました。これは、全クラス、専科の先生が授業を見せ合い、お互いに勉強をするものです。子どもたちと同じく、先生も勉強をして成長していくことがとても大切です。授業というものは奥が深く、何年、何回やってもうまくいったという実感が持てないものです。先生方は、常に自分の授業を向上させることによって、子どもたちに未来に活きるための力を身につけさせようと日々努力しているのです。今日は、トップバッターで、研究主任をしている6年B組の濵畑先生が授業を公開してくれました。国語と思考表現の合科で6年生になった子どもたちが、この2ヶ月の自分の学びをプレゼンテーションで伝えるという活動目標の授業でした。6年生では、自由に席を動いて話し合いを行うスタイルをとっています。授業の手法やアプローチの仕方、ねらいの達成のための教師の言葉がけなど、見ておられる先生方は、自分に取り入れようと真剣なまなざしが見られました。