集中授業研究2回目

DSC02356.JPGDSC02360.JPGDSC02367.JPG今日は、3学期集中授業研究の2回目を行いました。今日は、1年生の授業を先生方で見合いました。1年生は音を表す言葉を使って詩を創作するという授業でした。習ったばかりのカタカナがしっかり定着しているかを確認しつつ、擬音語を集めて詩を創ることによって、語彙を増やす学習になっています。語彙というのは、意味が分かって使える言葉なので、今回の擬音語の場合は、音が起こる状況や様子などをイメージして、それに合わせて言葉を選ぶことができるようになることによって獲得できたことになります。1年生は、スポンジが水を吸収するように言葉を吸収していきます。今の時期を大切にしてできるだけ多くの言葉に触れ、使う場を設定していきます。