語彙の習得~思考表現での受験対策

IMG_0771[1].JPG今日は、いつもの6年生の思考表現の授業の中に少し受験対策の意味を込めて、国語を中心に有効な語彙の学習を組み込みました。普段から何気なくつかっていたり、聞いたことがある程度の様子を表す言葉や、動作や行動を表す頻出語をその意味を言い換えたり、説明したりする学習をしました。例えば、「そつがない」、「面食らう」、「高飛車な」など、聞いたことはあるし、なんとなくは意味も分かりそうな言葉を別の近い意味の言葉に言い換えることができるかどうかは、語彙力として重要です。この語彙力があれば、問題文を読む上でもとても有利です。なかなか難しい言葉もたくさんあって、子どもたちは苦戦していましたが、受験に向かっている今だからこそ興味を持って辞書などで調べて欲しいと思います。