和食の日

IMG_8532.JPG昨日11月24日は、「いい日本食の日」の語呂合わせで「和食の日」でした。和食文化を守り、伝えていくことの大切さについて考える日です。昨日は学習発表会の代休だったので、今日の給食のこんだてを和食メニューにして、食べながら和食について考える機会としました。「和食」には、いろいろな食材が使われていること、栄養バランスがよくて身体によいこと、季節や地域を大切にした料理がたくさんあることなどを放送委員会が校内放送でスピーチしてみんなに話してくれました。また、和食には欠かすことのできない「だし」についても、うま味やかおりをよくして、より食べ物をおいしく感じることができることなどについて、4年生には、食育の一環として学校栄養士の磯部先生にお話いただきました。