後期児童会選挙演説! 

DSC01663.JPG今日は、いよいよ後期児童会選挙の本番です。それぞれの役員の候補のみんなは、緊張しながらも、これまで国語や思考表現を中心に身につけてきたスピーチの力を活かして、ほとんどの子が原稿を見ずに、自分の言葉で本当に立派な選挙演説をしてくれました。「1年生から6年生のみんなが思いやりを持ってつながり合い、楽しく過ごすことができる学校になるように努力します!」など、学校を良くしようという意気込み、意欲がスピーチを聞いている4年生~6年生までにひしひしと伝わってくるものでした。選ばれた人も、今回は残念だった人も、そういう思いをしっかり伝えたことによって、自分の中に得たものは大きいのではないかと思います。是非、今回選ばれた人は、こうした残念だった人たちの思いを大切にしてもらいたいし、選ばれた人が中心となり、みんなで協力して、より一層すばらしい箕面自由学園小学校をつくってくれると、今日のスピーチを聞いて期待がふくらみました。