×閉じる

01 キミだけの時間割(箕面自由学園がわかる6つのキーワード)

学習システム 学習システム 北川先生

学力は「学習する力」であるとも考えられます。
その力を育むのに必要不可欠なのが、朝テストに始まる1日の学習サイクルです。前日までに朝テストの範囲を自宅学習することで、既習内容の復習を確実にします。このテストは習熟度別クラスによって合格点が異なり、それぞれのレベルに応じた努力が求められます。
朝礼時に実施した朝テストは担当教科の教員が採点をし、終礼で返却され、合格点に達していない場合はその日の放課後に再テストを受けることになります。これは未定着の内容を翌日に持ち越さないこと、苦手意識を克服し、学習に対して積極的な姿勢を持つことが学力向上のうえで、何より大切なことだと考えているからです。

辻澤先生

定期テストに関しても定着度に課題を残す結果の場合は、1週間の補習期間の中で徹底的に復習します。
さらに毎日の学習サイクルをサポートする学習手帳で計画と振り返りを行い、時間を有効に活用する意識を高めていきます。
学習手帳は週1回担任が回収し、コメントを添えて返します。全員の手帳にコメントを返すのは時間がかかりますが、将来的な学力向上やモチベーション維持において大変有意義なアイテムだと考えています。
揺るぎない確かな学力を確立する即効性のある方法はありません。こういった地道な取り組みが一番の近道と考えています。