インフォメーション&トピックス 記事

臓器移植を題材とした「いのちの学習」

臓器移植コーディネーターの島野祐介氏をお迎えして、臓器移植の講演会を行いました。中学生にとってはほとんどが初めての内容でしたが、15歳から移植の意思表示が可能であることを知り、自分の問題として考えることができました。また、13,000人の移植待機者のうち1年間で移植を受けられるのはわずか2%であることなどを知り、日本でドナーが全く足りていないことにショックを受けた人も多くいたようでした。

「臓器移植提供について家族と話し合ったことありますか?」に「はい」と答えた人は全国で26%でした。今日の授業を機にぜひ、臓器移植について多くの自由中の生徒にご家庭で話合ってもらえたらと願っています。

臓器移植①.jpg臓器移植②.jpg



PAGETOP

幼稚園 小学校 中学校 高等学校