インフォメーション&トピックス 記事

学園まつりと子どもたち

 学園の丘の上が一大イベント会場になる日。それが、学園まつりです。

今年は9月22日秋分の日に、さわやかな秋晴れの中開催されました。

 小学校の玄関前で、威勢のいい掛け声とともに餅つきがはじまり、幼稚園の保育室では中学校や高校のPTAのバザーが開かれ、小学校と高校校舎間にある中庭に、幼稚園から高校までのPTAが出店する飲食販売のテントが立ち並びます。また校舎内では、中学校の美術や技術・家庭科の作品展や書道展、そして高校生は、クラスごとにお店を出したり催し物をしたりします。福引き会場や縁日の屋台、演奏会も行われました。

いいお天気で、北摂を中心にお越しいただいた大勢の参加者とともに、学園中で談笑し、買い物をしたり美味しいものを食べたりして過ごした楽しい秋の一日でした。

 そして、その次の日です。保護者の方から一通の嬉しいお手紙が届きました。そのお手紙には、学園まつり当日に見せた子どもたちの活動する姿について書かれてありました。中学生が「重い荷物を、汗をいっぱいかきながら何往復も運んでくれました」と。また、3年生は、自分たちから「『ビラまきしてきましょうか』といってくれ、あっという間に300枚のビラを配ってくれました」と。その方は、子どもたちへの感謝の気持ちを綴られていました。

自分が当番でなくとも、また、誰から指示されることがなくとも、学園まつりの準備や手伝い、後片付けに労を厭わず取り組んでくれたのだと思います。学園まつりのテーマは、人と地球の“和・輪・環”です。子どもたちが人々の輪のなかで、自主的な姿を発揮できたのも、保護者の方々に支えられての笑顔と懇親の環境の賜物と、感謝するばかりです。

 学園まつりにまだお越しいただいたことがない方がおられましたら、ぜひ来年はご参加ください。お待ちしています。

                      (校長 小川 義人)

01-IMG_5236.JPG

32-IMG_5267.JPG

06-IMG_5241.JPG

36-IMG_5271.JPG



PAGETOP

幼稚園 小学校 中学校 高等学校