各クラブ活動情報

放送部

メンバー紹介
名前 山中 華
肩書 顧問
メッセージ 放送部には声優や俳優、構成作家をめざす生徒なども在籍しており、一般大学に加え、芸術大学をめざして勉強と作品制作の両立をしています。
毎年約30作品を作り、NHK杯全国高校放送コンテストをはじめとした各種コンテストに参加し、さまざまな賞を受賞しています。主な活動は、ラジオドラマ・ドキュメント、テレビドラマ・ドキュメントですが、アナウンスや朗読で地域のイベントやコンテストで活動する部員もいます。小説・アニメ・パソコン・ゲームの知識がすべて成果につながる面白いクラブでもあります。
入部以外にも脚本のみ、映像編集のみを持ち込む生徒がいます。
自分の能力を高めたいと思ったら、放送部員へ声をかけて下さい。
名前 住田 楓花
肩書 部長
学年 3年
コース 総合コース
入部の
きっかけ
元々、映画やドラマ、物語を作ることに興味があったので、脚本作りがある放送部に入部しました。
メッセージ 全員で一つのものをつくる喜びは他では味わえません。是非一緒にやりましょう。
部員構成 2016年6月時点
3年生(平成26年度入学) 4名
2年生(平成27年度入学) 2名
1年生(平成28年度入学) 16名
合計 22名

今週のクラブ速報

放送部

第17回高校生マイクバトル (ラジオ関西主催)
ラジオドラマ部門で二作品ともに入賞


2017年2月 8日 13:00

放送部が節分に春日神社例祭に参加しました!

2月3日(金)高校放送部が豊中市の春日神社例祭「節分祭・追難式」に参加しました。部員6人はお祭りの進行と鬼や方相氏や鬼退治をする追人を演じました。古式に則っておこなわれたこのお祭りは多くの参拝客・地域住民の方で賑わっていました。

 

方相氏(四つ目のまじない師)については「鬼っ子ハンターついなちゃん」という漫画のキャラクターにもなっていて、放送部はこの漫画家さんによって描かれた「方相氏&追難式ガイドブック」の中にも演者として紹介されています。

 

お祭りの最後には豆まきがあり、神社崇敬会の皆さんにまじって参加させていただきました。装束や面、桃の弓など、貴重なものに触れ、儀式やお祭りを身近で見た部員は「こんな経験ができるとは思っていなかった」と感激していました。

IMG_2812.jpgIMG_2868.jpgIMG_2880.jpgIMG_2887.jpg


2017年2月 7日 08:43

被災地訪問 報告会 吹奏楽部・放送部

2月1日(水)、本校桂門ホールにて2年生対象に吹奏楽部・放送部による東日本大震災被災地訪問報告会が行われました。放送部の製作した映像を鑑賞し、その後現地に行った吹奏楽部員による報告、感想がありました。映像、報告、全て現地に行った部員たちによって行われ、生徒たちは真剣にその報告を聞いていました。まだまだつらい状況の中で一生懸命生活している東北の人の様子を見て、当たり前に生活ができるありがたみ、人と人とのつながりを再確認する報告となりました。

なお、1年生も1月11日(水)にも同様の報告会を行っています。

1701203_02.jpg


2017年2月 3日 12:00

放送部「映画甲子園」で最優秀賞 

2016年12月24日(土)早稲田大学国際会議場にてNPO法人学校マルチメディアネットワーク支援センター主催「第11回映画甲子園」の表彰式が行われました。

放送部は「成長」をテーマにした競作部門と自由部門に合計2作品を出品し、1年生千秋佑太さんの「食券裁判」が秀作を受賞、1年生二村俊之介さんの「RE:START」が競作部門でベスト8に選ばれ、自由部門では最優秀賞を獲得しました。最終審査は当日会場で行われ、最優秀賞として学校名を呼ばれた部員は「驚きすぎて声になりません。他の学校も素晴らしい作品だったのでまったく想定していませんでした。」と話していました。

securedownload3.jpgsecuredownload.jpgsecuredownload2.jpg

作品はyoutubeで配信中です。

「食券裁判」https://www.youtube.com/watch?v=drmqav_-K3I

「RE:START」https://www.youtube.com/watch?v=txlS0zynyI0

なお、最優秀賞作品を制作した二村さんはこの作品と映像制作に関して昨年12月に朝日新聞の「いま子どもたちは」というコーナーで思いを語っています。

二村さん朝日新聞記事.jpg


2017年1月11日 10:47

今週のクラブ報告

バドミントン部

11/6(日) 大阪成蹊女子高校にて
豊能地区高校バドミントン大会
梅本昌幸君(1-6) 男子初級シングルスの部   優勝

 

男子バスケットボール部

私学大会予選リーグ
箕面自由学園 87-23 清教学園
箕面自由学園 79-62 金光大阪

次は13日(日)近畿大学付属と15時から試合。場所は東大阪大学柏原です。

 

女子バスケットボール部

私学大会予選リーグ   2回戦敗退

 

女子ラクロス部

秋季関西中学高等学校女子ラクロスリーグ大会

1日目(京都外大西高校にて)
箕面自由学園 1-23 同志社高校
箕面自由学園 3-21 立命館宇治高校

2日目(同志社高校にて)
箕面自由学園 7-10 洛水高校

 

吹奏楽部・放送部

11/1~11/5の岩手県復興支援活動  無事終了しました。


2016年11月 7日 17:30

放送部 戦績

第63回NHK杯全国高校放送コンテスト大阪決勝

総合優秀校部門2位
ラジオドキュメント部門1位(全国大会出場)
テレビドラマ2位(全国大会出場)・3位
テレビドキュメント入選

 

 

「第8回青空文庫朗読コンテスト 本選公開審査」出場

1年生 長綱里桜さんが10月1日(土)「第8回青空文庫朗読コンテスト・本選公開審査」に出場しました。夏目漱石の「坊ちゃん」を朗読し、全国上位10名に選出され、本選での審査にのぞみましたが、惜しくも入選は果たせませんでした。

 

 

「地方の時代映画祭」入賞(ドキュメンタリー作品「選挙、はじめました」 )

日本放送協会、日本民間放送連盟、関西大学、吹田市、日本ケーブルテレビ連盟の五者で共同主催される第36回「地方の時代」映像祭2016「中高校生部門」入賞。11月12日(土)関西大学で表彰されます。


2016年10月12日 17:30

放送部が春日神社の節分祭に参加しました。

2月3日(水)、豊中市宮山町にある春日神社で節分祭がおこなわれ、放送部員と3年生がそのお手伝いをさせていただきました。当日は平安時代の「追難式」を再現した神事と福豆まきがおこなわれ、部員は鬼や呪術師に扮して行事を盛り上げました。鬼は「災い」の体現として境内を練り歩きます。地域の人々で埋め尽くされた会場には泣き叫ぶ子供たちの声が響き渡りましたが、一転、鬼が退治され「いいオニさん」に変わると途端にオニは人気者になりました。
生徒達は「貴重な体験をさせていただきました。学校の近くでこんな行事がおこなわれているとは知りませんでした。来年も見に来ます」と話していました。
毎年、春日神社には美術部が絵馬を奉納していますが、今年は12年分の絵馬が飾られておりお祭りに華を添えていました。お気に入りの絵馬を見つけて記念撮影をする人々も多く、反響は大きかったようです。

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5


2016年2月 5日 15:30

放送部の作品がテレビ放送されます

 「第35回『地方の時代』映像祭2015」(日本放送協会、日本民間放送連盟、関西大学、吹田市、日本ケーブルテレビ連盟の共同主催)に、本校放送部から作品を出品したところ、中学生・高校生部門にて奨励賞を受賞したことは以前お知らせした通りです。
 この度、本校よりの作品を含む学生作品が順次テレビ放送されます。ただし、メディアはJ:COMチャンネルかJ:COMテレビですので、契約された方に限られます。
 本校放送部の出品作品の放送は以下の通りです。

作品名 作品時間 J:COMch J:COMテレビ
かぎ 5分 12/22(火)16:00~ 2/5(金) 20:00~
ボトリン 8分 12/23(水)20:28~ 2/11(木)20:00~
主食 12分 1/4(月) 17:00~ 2/19(金)20:00~
輝ける君たちへ 8分 1/4(月) 20:28~ 2/25(木)20:00~
書記のお仕事 8分 1/5(火) 20:28~ 3/3(木) 20:00~

2015年12月16日 17:00

放送部 「地方の時代」映画祭2015で中学・高校生部門 奨励賞

 第35回「地方の時代」映画祭2015の贈賞式が、11月14日(土)に関西大学にておこなわれました。NHKなどの放送局・ケーブルテレビ各局・市民団体・学生などが制作したドキュメンタリー作品294作品が審査され、放送部が出品した「ソビエト抑留記」が中学生・高校生部門において奨励賞を受賞しました。歴史ある大会であることに加え、プロの制作者とともに舞台に上げていただく喜びに放送部員は感激していました。制作代表の3年生藤野凌河さんは「壇上でマイクを向けられたときに頭が真っ白になってしまいました」と話していました。贈賞式の様子は来年1月ごろにNHK・Eテレで放映予定です。

 

 また、関西大学100周年記念会館ホールでは出品された全294作品の上映を11月20日(金)までおこなっています。放送部の作品は入選できなかったものも含めて11月18日(水)の12時から13時半頃に上映される予定です。

151117_01.jpg


2015年11月17日 09:30

青空文庫朗読コンテスト審査員特別賞を受賞~放送部の吉田君

放送部の吉田壱成が、10月3日(土)におこなわれた「第7回 青空文庫朗読コンテスト」(主催:日本朗読検定協会、後援:文部科学省)に出場し、高校生の部(決勝審査会)で「審査員特別賞」をいただきました。
当日は「走れメロス」を朗読し、会場審査員とプロの方の点数により審査が行われ入賞となったものです。
この大会は、まず全国からの応募者の録音音源で予選審査がおこなわれ、本選当日は会場で生朗読をします。「審査員特別賞」は金賞・銀賞・銅賞に次ぐ順位です。おめでとうございます。 


2015年10月13日 09:30

放送部 NHK杯全国大会で製作奨励賞

第62回NHK杯全国高校放送コンテストが7月21日から東京・渋谷のNHKホール他で行われ、全国から1662校が参加して合計6部門で頂点を競いました。

本校放送部はテレビドキュメント部門・テレビドラマ部門で発表を行い、審査の結果、ドキュメント作品『ソビエト抑留記が伝えるもの』が準決勝に進出し制作奨励賞を受賞しました。この作品は3年生の藤野凌河さんが大叔父さんの遺した抑留記を読み、自らが引き揚げ港の舞鶴などで取材をした内容を元に、抑留者の思いを辿るもの。藤野さんは「戦争を経験したことのない自分と大叔父さんの平和は違うのかもしれないが、遺してくれた思いを受け継ぎ伝えていくことが大切だと思った」と語っている。

150803_13.jpg



2015年8月 3日 16:30

放送部2作品がNHK杯全国大会へ

6月21日(日)大阪私立青少年センターココプラザで第62回NHK杯全国高校放送コンテスト大阪大会決勝がおこなわれました。放送部がエントリーした作品は審査の結果、テレビドキュメント部門1位、テレビドラマ部門1位・3位・入賞、ラジオドラマ入賞、ラジオドキュメント部門入賞、総合優秀校部門2位、朗読部門入賞(吉田壱成・大倉裕司)となりました。

この結果を受けて、1位をいただいた2つの作品は7月20日からの全国大会(東京NHKホール他)に参加します。

画像1

画像1

画像1

 



2015年6月29日 10:21

放送部 NHK杯大阪予選の結果

 6月7日(日)NHK杯全国高校放送コンテスト大阪大会予選が行われ、放送部は以下の部門・作品で決勝戦(6月21日)に進出することが決まりました。より作品に磨きをかけるため頑張っています。

朗読部門 榊原翔子(3年)・吉田壱成(3年)・大倉裕司(2年)
ラジオドキュメント部門 「さくらぐみのうた」
ラジオドラマ部門 「信じる力」 「君の胸に届け!」
TVドキュメント部門「ソビエト抑留記が伝えるもの」
TVドラマ部門「『いっしょに食べよう』」 「正義じゃないです」 「輝ける君たちへ」



2015年6月10日 10:07

放送部の活動が関西テレビで紹介されます

 放送部の活動が、5月24日(日)、関西テレビ(8チャンネル)午前6:30~7:00「関テレ通信」内のコーナーで紹介されます。
 放送部は昨年、関西テレビの「学びアイ」という制作支援を受講しました。学内にテレビ局の方をお招きして、制作の視点や苦労・企画・カメラワークなどを学びました。
 学内でのクラブ活動の様子と、2014年に放送部が制作した「東日本大震災に関するドキュメント番組」に関する内容の一部が放映される予定です。


「関テレ通信」
司会・進行/石巻ゆうすけ  関純子さん
コメンテーター/若一光司(作家) わかぎえふ(劇作家・演出家)

画像1

画像2

画像3

画像4



2015年5月15日 16:30


PAGETOP

幼稚園 小学校 中学校 高等学校