各クラブ活動情報

Young Americans 1日目・2日目

今年もMJGに、Young Americansがやってきた!

4月24日(火)から3日間、アメリカの音楽活動団体「Young Americans」によるプログラムがおこなわれています。

アメリカをはじめとする国々から、約40名の若者が来校します。2年生総合コースの生徒を対象に、歌やダンス、演技の練習をとおして、「自己表現」や「他者とのコミュニケーション」を身につけるのが、本プログラムの主旨です。

【1日目】

「じゃあ、今から10分間で今のキャストのダンスを覚えてもらいます!」

 ヤングアメリカンズがスタートし、キャストとの顔合わせを終え、彼らのパフォーマンスを拝見した直後に発せられた言葉。驚きました!

 キャストに促されながら、適当なグループに分かれてレッスンを受けます。彼らがつくる圧倒的なテンポに導かれ、気付けばスタートからアクセル全開でワークショップに取り組む生徒たち。

 この日は、午前中に2時間、午後に2時間の計4時間、様々な取り組みを実施しました。ダンスと歌、そこに英語が飛び交うステージ。ところどころ、キャストと会話する生徒がいるかと思えば、みんなの前で英語の歌を披露する生徒まで登場!

 生徒たちの若い力がはじけた、そんな初日となりました。

【2日目】

 英語が苦手な者、ダンスが苦手な者、歌うことが苦手な者――当然ながら、生徒たちの中にも存在します。苦手意識は不安を生みます。不安があると人は心を開放できません。

 ヤングアメリカンズのキャストは、そんな生徒たちの心に寄り添うかのように触れ合いながら、頻繁にこんな言葉を使います。

「自分に拍手!」

 日ごろ、「自分に拍手!」などはしませんよね。けど、ヤングアメリカンズでは、とにかく「自分に拍手!」を繰り返します。これによって生徒たちの自己肯定感が高まり、いつしか不安もなくなって、心を開くことができているようです。

 その証拠は、生徒たちの表情! 躍動する動き! 開かれた口の大きさです!

 4月26日は、いよいよショーの本番! 一番の見どころは、生徒たちの「心」です!!

youngamericans01.jpg



PAGETOP

幼稚園 小学校 中学校 高等学校