×閉じる

文理進学コース
文理進学コース

大学進学の先に将来像が描けるように、多様な価値観に触れ、個性を認め、チャレンジを促し自信を育てます。
2年次からは文系・理系に分かれ、一人ひとりの目標・個性に合わせた進路指導・受験指導を行います。

II類チャレンジ

コースの特長

  • 自己表現力を育む行事
    イングリッシュ・ワークショップ(1年生4月)、イングリッシュ・キャンプ(1年生8月)、
    ヤングアメリカンズ(2年生4月)の3つの行事で英語を使った自己表現力を育成します。
  • 英語で行う活動型授業
    本コースの英語の授業には、教員は英語で指示し、生徒が中心となりコミュニケーションをとる活動型の
    授業があります。日頃の授業から4技能をバランスよく学ぶことで、外部検定試験はもちろん、
    各種行事や語学留学、そして新しくなる大学入試で発揮できる英語力を育成します。
  • チャレンジ精神を育む進路・受験指導
    一人ひとりの個性を大切にし、何事にもチャレンジできる環境を提供します。
    放課後のデザインタイムで培った力を生かし、きめ細かな進路指導のもと、志望大学合格へと導きます。
  • さまざまな文武両道のかたち
    6時間授業終了後にはクラブへの参加が可能であり、勉学と両立している生徒が多数います。
    また多彩なデザインタイムのメニューに参加したり、自分の習い事を続けたりすることで
    一人ひとりが充実した高校生活を送ることができます。

プラスカリキュラム

  • イングリッシュ・ワークショップ(4月)/イングリッシュ・キャンプ(8月)

    1年生の宿泊研修内で行う英語体験、ネイティブ講師や外国人留学生達とゲームやワークショップ・プレゼンテーションなどを通じてグローバルな世界を体験します。

  • ヤングアメリカンズ

    アメリカの若者たちと一緒に3日間でミュージカルを作り上げるプログラム。人との関わりの中で、自分らしさ、表現の大切さを学び英語学習へのモチベーションを喚起します。

  • 多様な交流の機会

    海外から訪問される高校生などと校内で交流を図ったり、併設幼稚園や小学校での職業体験をおこなったりと、学園内外を問わず多様な人々との交流の中から、チャレンジする気持ちやリーダーシップを育てます。

  • 長期休暇中の特別授業

    長期休暇中には、特別カリキュラムでの講習を行います。テーマ別、志望校別での実戦演習や苦手克服を目標に学力向上を図ります。

文理進学コース時間割例

文理進学コース時間割例

※時間割は2018年度のもので変更する場合があります。

在校生VOICE

本田 江里
本田 江里 (豊中市立第五中学校出身)

このコースは多くのことに挑戦できる文武両道が特徴のコースです。勉強面では外国人の方々との交流ができる行事があり、英語に自信をつけることができます。部活の面では全国レベルで戦う強化クラブにも入部が可能です。規律を重んずるため技術面だけでなく、礼儀などを身につけることができ、それぞれに充実した生活を送ることができるのが魅力のコースです。

西口 勝太郎
西口 勝太郎 (豊中市立第十七中学校出身)

このコースは、勉強と部活の両立ができ、勉強面では放課後のデザインタイム、eトレなどを活用して卒業後の進路に向けて1年生から準備できます。またイングリッシュキャンプやヤングアメリカンズといったネイティブの英語に触れる機会があり、スキル向上はもとより様々な人との交流で仲間とともに成長することができ、自分が知らなかった自分を発見することができるコースだと思います。