×閉じる

スーパー特進コース・特別進学コースⅠ
スーパー特進コース・特別進学コースⅠ

充実した3年間のプログラムの中で学力を最大限に伸ばし、
難関国公立大現役合格をめざします。2年次より文理2クラスに分かれ、
希望大学合格に向けたきめ細かな指導を実施しています。

Ⅰ類特進
募集人員

コースの特長

  • 朝テスト
    8:20から1年次は英語・数学・国語の小テストで授業内容の定着を確認。2年次からは理科・地歴公民も含めた大学の受験科目に即した小テストを実施します。
  • 習熟度別授業
    1年次は英語・数学・国語の3教科で習熟度別授業を展開し、効率よく学力アップを図ります。
  • 系統的な模擬テストと英語力強化
    1年次で7回、2・3年次では月約1回の外部模試を受験します。全国での実力の確認等、模試データを学習課題の点検軸としてアドバイスします。
    1年次は英検の全員受験、1・2年次はGTECの受験を通して英語の4技能のさらなる強化を図ります。

デザインタイム

クラブへの参加が可能です。難関大学受験を視野に入れた
講習(分野別・大学別)、質問タイム・自習タイムなどを設置します。
(実施した講習の内容はクラブ生にも配布、フォローを行います。)

プラスカリキュラム

  • 勉強合宿

    4泊5日の勉強合宿では、集団生活を通じて規則正しい学習習慣の確立と、自学自習力の基礎固めを目標にしています。

  • 企業・大学訪問

    関西の企業・難関国公立大学・研究機関などを訪問して、受験の先を見すえた進路選択への興味関心を育てます。

  • 土曜テスト

    土曜日の午後1コマを使い、1・2年次は英語・数学・国語、3年次は理科・地歴公民の復習テスト・模試の過去問テストがあり、基礎力の定着と答案作成力のアップを図ります。

  • 長期休暇中の特別授業

    春期2週間、夏期4週間、冬期1週間、特別カリキュラムでの講習を行います。テーマ別での実戦演習や苦手克服を目標に学力向上を図ります。

スーパー特進コース・特別進学コースⅠ時間割例(1年)

スーパー特進コース・特別進学コースⅠ時間割例(1年)

在校生VOICE

学習習慣が自然と身につくカリキュラム。

宮下 翼
スーパー特進コース 3年生
宮下 翼 (豊中市立第十七中学校出身)

平日8時間授業後の90分の自習は、1日の授業内容の整理と予習をし、毎週土曜は1週間の復習として、定期テスト並みのテストを受けます。こうした1週間の学習習慣が身につくと自然と成績が上がってきました。また、夏の勉強合宿では、5日間を新しい環境の中で勉強に集中することで、勉強そのものがより楽しくなってきました。そして、クラスの仲間と常に頑張る気持ちが生まれてきて、僕にとっては大変貴重な経験になりました。

学習環境が整った充実した高校生活。

矢部 妃粋
スーパー特進コース 3年生
矢部 妃粋 (豊中市立第三中学校出身)

このコースは他のコースと異なり、8限後に90分の自習があります。この時間では、その日の授業の復習や予習ができるため、着実に成績を伸ばすことができました。また、教室と職員室の距離が近いので、先生への質問も気軽に行える環境が整っています。さらに、コース内の行事として、百人一首大会や卓球大会なども開催されますし、毎週のS特クラブ活動では、三学年での交流もあり、大変充実した高校生活が送れると思います。

現在とカリキュラムが変更になっている場合があります。